1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫AGA治療薬のザガーロ(デュタステリド)とは?福岡での処方は?

AGA治療薬のザガーロ(デュタステリド)とは?福岡での処方は?

zagarroザガーロデュタステリドを有効成分にしたAGA治療薬のひとつで、2015年に厚生労働省から製造販売承認を受けています。

⇒福岡市でのザガーロ処方医院と料金の比較表はコチラ

元々は前立腺肥大症の治療薬として販売されていたアボルブカプセルと同じもので、デュタステリドがAGAの治療に有効であると認められたことから転用された医薬品となります。

これまでAGA治療の第一線として使用されていたフィナステリド製剤は、AGAの原因物質となるDHTの生成元となる5α還元酵素を阻害する働きによって効果が認められていました。

prozaga

しかし、5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型が存在し、プロペシアなどのフィナステリド製剤で阻害できるのはⅡ型のみとなっています。

対してデュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の酵素に阻害する働きを持つため、薄毛の進行を抑制する効果がより期待できるようになっています。

臨床試験のデータでは5α還元酵素阻害作用はフィナステリドの3倍、Ⅰ型に対しては100倍以上あると報告があり、ザガーロ0.5mgでフィナステリド1mgの1.6倍は発毛効果があると検証結果の報告があがっています。

ただし、効果が高い分だけ副作用のリスクも高まっていて、フィナステリドで見られた乳房肥大症や性欲減退、勃起不全などの問題もあります。基本的な効果は同じため、女性に対して禁忌である点もあるため、専門の医師の監督下で服用するなど、注意が必要となっている医薬品です。

福岡市でザガーロを処方している、城西クリニック福岡院はこちら城西クリニック福岡院の詳細