1. 福岡のAGA比較サイト
  2. 未分類
  3. ≫日ごろの食べものと抜け毛の関連性

日ごろの食べものと抜け毛の関連性

抜け毛と食べ物の関連性 イメージ画像
忙しかったり食事に関心が無かったりすると、毎日同じようなものを食べたり、なんとなく好きなものだけを食べてしまう・・・。なんてことありますよね。

でも、抜け毛やAGAの進行が気になっているなら、日ごろの食事にも気を使った方がいいのです。

なぜなら、食事で髪に必要な栄養が取り切れていないと、髪が成長できなくなってどんどん毛根がやせ細っていくからです。

AGAや薄毛の方ほど毛根の周りにある「毛包」が小さいと言われていますが、不規則な食事や栄養の偏りで毛包が縮小しどんどん髪が育たなくなることもあるんですよ。

栄養不測でAGA・抜け毛・薄毛になる理由

nukegetyoukou

育毛のための栄養が足りていないと薄毛になるのには理由があります。

体に取り入れられた栄養は、体を動かす筋肉や栄養を吸収する臓器など、生命活動に必要なことに優先的に使われます。
そのため、生命維持に直接関わらない「髪」を生やすための栄養は少量しか行き届かないことが多く、髪が十分に成長しなくなってしまうのです。

また、毛根付近の血流も、髪の栄養不足に関わっています。

「血行不良」で薄毛になるというのを聞いたことはありませんか?
髪の成長に必要な栄養は血流で運ばれます。

髪は体の末端器官と言われていて、頭皮の周りには太い血管が少なく血行不良になりやすいため栄養が行き渡りにくくなっています。
そのため、頭皮の血行が悪ければ悪いほど、栄養不足による薄毛になりやすいのです。

薄毛や抜け毛を予防する、育毛にいい栄養は?

食べ物は育毛に大きく影響します。
食事の改善で髪を生やすなら、髪に必要な栄養を意識的に多く摂取するのがおすすめです。
手軽で食べやすいものから普段の食事に取り入れてみましょう。

タンパク質

髪の99%は「ケラチンタンパク」で構成されていると言われています。
つまり、普段からタンパク質を摂っていないと、髪の栄養不足で薄毛が加速してしまうのです。
タンパク質は肉、魚、卵や大豆などに多く含まれています。

イソフラボン

薄毛やAGAの原因のほとんどは男性ホルモンが増加することだと言われています。

大豆に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ働きをすることで男性ホルモンの増加を防ぐことができます。
また、女性ホルモンには髪の成長期間を長くする働きがあるので、イソフラボンを取ると男性ホルモンの増加を押さえるのはもちろん、髪をさらに成長させる作用も期待できるのです。

ビタミンB2

ビタミンB2は、髪の毛の根本にある「毛母細胞」という部分を活性化する効果があると言われています。
また、タンパク質が髪に変性するのを助ける作用もあるので、タンパク質と一緒に取るとより効果的です。
ビタミンB2は卵、牛乳、レバー、ほうれん草などに多く含まれています。

ビオチン

ビオチン、別名ビタミンB7は皮膚や髪の健康維持に役立つ栄養素で、コラーゲンの生成をサポートすることで、髪が生えやすい頭皮に整えてくれる働きを持っています。
ビオチンはくるみ、レバー、牡蠣などに豊富に含まれています。

亜鉛

ヘアケアサプリメントに配合されることが多い亜鉛。
亜鉛は、薄毛を進行させる5aリダクターゼを抑制する作用があるため、抜け毛防止にいい栄養素として知られています。
亜鉛は牡蠣に多く含まれる他、レバーや生姜などにも含まれています。

育毛にいい食べ物でAGA・抜け毛・薄毛対策!

普段から育毛にいいものだけを食べるというのはなかなか難しいですが、薄毛を改善したいなら、炭水化物よりも肉・魚・野菜など栄養価の高い食材を選んだほうが良いでしょう。

手軽なのは、タンパク質とイソフラボンが取れる「大豆」、栄養価が高くタンパク質やビタミンが豊富な「卵」などです。
食事の内容は、AGAクリニックで指導されることもあるくらい育毛にとって欠かせないものです。
薄毛対策のためにも、今一度食生活を見直してみましょう。