1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA・薄毛について
  3. ≫精神的要因(ストレス)と薄毛・抜け毛の関連性について

精神的要因(ストレス)と薄毛・抜け毛の関連性について

ストレスイメージ画像

苦労が多い人に薄毛が多いというイメージは昔も今もあまり変わらないようです。

薄毛は様々な要因が重なり合って起きることが多いですが、ストレスなど精神的な要因は人の体、特に頭皮や頭髪にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

今回はストレスと抜け毛・薄毛の関連性について見てみましょう。

ストレスが人体に及ぼす影響

許容範囲を超えた強いストレスを長期間受け続けると、自律神経のバランスを崩し体に色々と不具合を起こします。

 

本来人は夜間など休むべき時に休む、日中など活動する時には活動できるように緩急のリズムに則っているのですが、自律神経が乱れるとこの調整が上手くいかず、良く眠れずに疲れが取れない、イライラするなどの影響が出てきます。

上手く体を休めることができず緊張状態が続くと、全身では血管が収縮した状態が続き血流が悪くなります。

肩こりなどの辛い症状が起きるのはこのためです。

では頭皮ではどのような影響が出るのか見てみましょう。

ストレスによる頭皮での影響は?

頭皮の毛細血管はとても細いので、ちょっとした血管の収縮でも容易に血行不良に陥ってしまいます。

 

毛根は血流によって栄養補給を行っていますから、ストレスで血行不良状態になると栄養が補給できず、血行不良性の抜け毛に繋がってしまいます。

 

また血流が悪い頭皮では柔軟性が失われてしまうので、頭皮が硬くなり育毛環境を悪化させます。

 

また、睡眠の質が良くないと髪の発育を助ける成長ホルモンの分泌も上手くいかなくなります。

 

しっかりと睡眠を確保できていないと体に負担がかかるだけでなく、それが原因となってさらにストレスが増加するという悪循環になることが多く、上記のような悪い育毛環境から抜け出すことが難しくなります。

 

従って、育毛剤の使用やマッサージの敢行など頭皮に対する直接的な手当を行うのはもちろんですが、上手なストレスコントロールを身に着け、健康的な生活を維持できるようにする必要性があります。

まとめ

許容範囲を超えるストレスは総じて人の体全身に対して悪い影響を及ぼし、自然的な生命力を低下させてしまいます。

 

伴って育毛する力、発毛する力も低下してしまうことは避けられません。

 

加えて頭皮では血行不良や頭皮の硬化によって育毛環境まで悪化させますから、抜け毛・薄毛予防的にもストレスコントロールが大切になってきます。

 

逆にストレスとの付き合いが上手い人は日常生活でも生き生きとした生活を送ることができますから全身の健康、ひいては育毛する力も自然に引き出すことができるでしょう。