1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA・薄毛について
  3. ≫肩こりと薄毛や抜け毛の関連性はあるの?|AGA福岡ナビ

肩こりと薄毛や抜け毛の関連性はあるの?|AGA福岡ナビ

肩こり

国民病とも言われる肩こりは慢性的な症状として私たちを悩ませますね。

大人ならほぼ全員、症状の強弱はあれど肩こり症状を感じていない人はいないでしょう。

最近は子供でも肩こりを訴える事例が増えているようで、運動不足やストレスなど肩こりの原因となるものが日常にあふれていることを感じさせます。

一部ではこの肩こりが抜け毛や薄毛の原因になるとも言われているので、今回はその関連性を探ってみましょう。

肩こりが薄毛にどう関与する?

肩こりは肩や首の周辺の筋肉が硬直し柔軟性が失われている状態です。

 

その肩こりや首こりが起きると患部の血管が縮こまり血流も悪くなります。

 

心臓から頭部にある毛根に血流を送り込むには肩首周辺を通らなくてはならないので、肩こりによって血流が滞ると必然的に頭皮に流れ込む血流量も低下してしまいます。

 

これによって毛根が栄養不足の状態になりやすくなります。

 

また血行不良と筋肉及び皮膚の硬化は相互に影響し合っており、筋肉や皮膚が硬化するから血行も悪くなる、血行が悪くなると酸素や熱の通りも悪くなりさらに硬化するという悪循環になります。

 

従って血流が悪くなった頭部では頭皮も柔軟性を失い、育毛環境の悪化につながってしまます。

 肩こりへの対処はなかなか難しい

 

マッサージや運動習慣を身に着けるなどの工夫で肩こりへの対処をすることはとても大切です。

 

しかし肩こりを起こす要因は多種多様で原因を全てはっきりさせるのは容易ではありません。

 

まずは先のように肩こり解消の行動を実行するのが第一ですが、運動不足やデスクワークなどが原因の場合、日常の配慮で比較的短時間で肩こりを解消できます。

 

しかしストレスが原因の肩こりの場合はマッサージなどを行っても根本原因がなくなっていないのですぐにまた凝ってしまうでしょう。

 

肩こりや首こりがあまりひどい場合は心療内科や整形外科などで筋弛緩剤など筋肉の緊張を取る薬を処方してもらうこともできますが、副作用の問題もありますから薬剤に頼らなくても良いようにストレスのコントロールを上手に行えるようにしたいものです。

 まとめ

 

今回は肩こりと抜け毛薄毛の関連性について見てきました。

 

肩こりは頭皮への血流量を減らしてしまうことで毛根の栄養不足や頭皮の柔軟性を失わせるなどの悪影響を及ぼします。

 

肩こりへの対処は実際上難しいこともありますが、抜け毛・薄毛予防のためにも自分でできる範囲で肩こり対策もしておきたいものですね。