1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫女性のAGAについて原因や治療方法など

女性のAGAについて原因や治療方法など

女性の薄毛 イメージ

⇒福岡の女性向けAGA治療実施クリニックはこちら

女性のAGA・薄毛について原因や治療方法など

薄毛のトラブルは男性のものというイメージはもうとうの昔に消えた印象があります。

今はテレビやラジオのCMでも女性の薄毛トラブルに対する多くの商品がPRされています。

それだけ女性の薄毛の悩みが増えているということですが、女性の薄毛は男性とは違う特徴が出ることも多く、対処の仕方も異なります。

この章では女性の薄毛のうち特に多い「FAGA」の原因や治療方法について解説していきます。

女性に多い薄毛「FAGA」の原因は?

女性版AGAとも言われるのが通称「FAGA」と呼ばれるホルモン由来の脱毛症です。

男性ホルモンが悪さをする点では女性も同じなのですが、女性は通常女性ホルモンの量が多いので男性ホルモンが悪さをすることができない状態になっています。

しかし一生のうちではホルモンのバランスに変化が生じる場面があり、このような時に女性ホルモンの量が減ることで男性ホルモンの影響力が増し、脱毛量が増えて薄毛になってしまうことがあります。

例えば40代後半付近からは更年期と呼ばれる年代に入りますが、閉経を迎えて女性ホルモンの量が減ってくると全身ではイライラや抑うつ、ホットフラッシュなど不快な更年期症状が起きます。

頭部ではそれまで男性ホルモンの影響から守ってくれていた女性ホルモンが減ってしまい脱毛量が増えてしまいます。

ホルモンのバランスは加齢以外の要因でも容易に崩れてしまうことが多く、ストレスが多い生活や睡眠不足などでも上記と同じ理屈で脱毛量が増えFAGAを発症することがあります。

同じホルモン由来でも男性の薄毛と違う所はその発現形態です。

男性は生え際や前頭部、頭頂部など特徴的な個所から薄毛が進行しますが、女性の場合は特定の箇所ではなく頭髪全体で髪の毛が細くなり、薄毛が進行します。

男性よりも髪が長い女性の場合、髪の分け目付近で特に地肌が目立ちやすくなるのも特徴です。

原因が同じ男性ホルモンでもその発現態様が異なることから、男性のAGAとは区別してFAGAと呼ばれます。

FAGAの治療法は?

FAGAは医療機関で治療を受けて改善することができます。

ただし男性に用いることができる治療薬の中には女性に使えないものや使用に制限が出るものがあるので、女性向けの治療メニューが用意されています。

まずDHT阻害薬であるフィナステリドやデュタステリドは女性は使うことができません。

またミノキシジルは高濃度のものは使えないので、女性用に低濃度に調整されたミノキシジル製剤が処方されます。

クリニックにもよりますが、髪の原料となるケラチンやアミノ酸、ビタミンなどを組み合わせた女性用の飲む育毛剤「パントガール」や、DHT阻害作用を持ちながら女性も使用できる外用剤「パントスチン」という治療薬が用いられます。

このように女性は男性よりも使用できる薬剤に制限が出る分不利ですが、その差を埋めるための治療薬も開発されています。

また女性も男性同様、育毛メソセラピー治療を受けることができます。

使用可能な薬剤と成長因子、ビタミンやミネラルなど発毛補助成分を混合した薬液を直接頭皮に注入する方法で投薬治療と相性が良く、併用することで相乗効果から効率よく毛量の回復を目指すことができます。

まとめ

今回は女性版AGAである薄毛「FAGA」の原因や治療法について見てきました。

現在多くの薄毛専門クリニックで女性の薄毛治療を行っていますが、一部では男性のみ受診が可能なところもあります。

また女性の薄毛治療を行っていても処方を受けられる治療薬がクリニックによって異なることもあるので治療を受けるに際しては事前にある程度のリサーチを行いましょう。
⇒福岡の女性向けAGA治療実施クリニックはこちら