1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫自毛植毛とは?術後の髪の毛はAGAの影響を受けない?

自毛植毛とは?術後の髪の毛はAGAの影響を受けない?

自毛植毛

自毛植毛とは、後頭部の自分の髪の毛を気になる箇所に植えつける施術になります。

自分の髪だからこそ、仕上がりがかなり自然なものとなりますし、移植した髪の毛も生着し、半永久的に生え続けます。

⇒福岡の自毛植毛実施クリニックはこちら

AGAは頭頂部や生え際に症状が出やすいのですが、側頭部や後頭部の髪の毛は影響を受けません。

AGAで頭頂部が薄くなっている人でも、後頭部を見ると普通に髪の毛が生えていますよね。
この髪の毛を使うので、後頭部の髪の毛を移植しても、AGAの影響が少ないという性質はそのまま受け継がれます。
つまり、一回自毛植毛してしまえばその髪の毛が抜けてまた薄毛になってしまうという事ではなくて、抜け毛や薄毛になりにくい状態で髪の毛が成長していくという事を意味しています。

自毛植毛は従来の皮膚ごとメスで切り取って移植するというストリップ法とは異なり、メスを使わずにチューブパンチを使って移植する場所にホールを作成し、そこに植毛していく負担の少ない方法もあります(通称FUE法)

自毛植毛専門のクリニックでは短期時間に大量の自毛植毛を行ってくれるレベルの高い技術を提供してくれるところもあります。

FUE系の治療の場合、ストリップ法とは異なり傷跡も頭皮に残らないので安心できるでしょう。

⇒福岡の自毛植毛実施クリニックはこちら