1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫[AGA]遺伝による薄毛は対処できる?

[AGA]遺伝による薄毛は対処できる?

DNA配列の画像

男性の薄毛は大部分がAGAによるものが多いのですが、AGAには遺伝という要素も少なからず関係してきます。

遺伝と聞くと個人の力ではどうしようもないことですから、家族に薄毛が多い人は自分の薄毛への対処を諦めてしまう人もいるかもしれませんね。

しかし本当に諦めてしまうのは尚早です。

この章では遺伝による薄毛への対処についてお話します。

AGAで何が遺伝する?

AGAの分野では薄毛になりやすい要素のいくつかが遺伝する可能性があるとされています。

一つはテストステロンをAGAの原因となるDHTに変換してしまう5αリダクターゼの活性の強さです。

活性が強いほどDHTの生産量が上がり、AGAの進行を強めてしまうことになります。

もう一つが、DHTが発する脱毛信号を受け取るレセプター(受容体)の感度です。

感度が高いほど脱毛信号の影響を受けやすく、ヘアサイクルを乱されることでAGAが進行しやすくなります。

上の二つの点が遺伝するとAGAが進行しやすく、従ってAGAリスクが上がってしまうということになります。

ただし遺伝するかどうかは確実ではありませんし、遺伝したとしても他の多くの要素も絡むので絶対に薄毛になるわけではありません。

では仮に遺伝の要素でAGAが発症してしまったら治療はどうなるのでしょうか。

遺伝によるAGAでも治療薬は有効に作用する

遺伝であってもなくても、AGAの治療薬は根本原因に作用するのでAGAの治療は十分可能です。

フィナステリド製剤やデュタステリド製剤などがDHTの生産を抑制してくれるので根本原因を排除してくれます。

遺伝により5αリダクターゼの活性が強い人は薬の効果を多少弱めるかもしれませんが、それでも全く無効になってしまうことはないでしょう。

またDHT阻害薬以外にもミノキシジルなど有効な治療薬を組み合わせれば、より効果的な改善効果を得ることができます。

まとめ

AGAによる薄毛には遺伝が関与する場合もありますが、有効な治療薬を用いればAGAの進行を食い止め、薄毛を改善することは十分に可能です。

しかし薬の力だけに頼るのではなく、患者さん自身も生活習慣の改善などによってAGAが起こりにくい環境を作る努力をすることも大切です。

これによって治療薬の効能をより引き出すことができるので、薄毛の改善効果も上げることができるようになります。

医師と二人三脚でAGAの改善に努めるようにしましょう。