1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA・薄毛について
  3. ≫眼精疲労に、薄毛や抜け毛との関連性はあるの?

眼精疲労に、薄毛や抜け毛との関連性はあるの?

目の疲れ

インターネットが発達した現代では仕事にパソコンが必須になりました。

 

一部を除いてほとんどの方がPC作業の為に目を酷使するので、現代特有の疾患として眼精疲労を訴える方がとても増えています。

こうした目の疲れは抜け毛や薄毛を助長するとも言われていますが、どのような関連性があるのでしょうか。

今回は眼精疲労と抜け毛・薄毛の関連性について見ていきます。

眼精疲労=単純な目の疲れではない

良く勘違いされるのが眼精疲労と酷い目の疲れを単純に同一視してしまうものです。

実は眼精疲労というのは単なる目の疲れではなく、そこから生じる様々な体の不具合のことを指します。

 

目を酷使すると当然目が疲れますが、これを放置して悪化すると目だけにとどまらず、頭痛吐き気肩こり不眠など目以外の症状に発展してきます。

 

こうした目の疲れから来る不具合を「眼精疲労」と呼ぶのです。

 

もちろん目の疲れやドライアイなど目に関係する不具合も眼精疲労の症状に含まれます。

 

つまり眼精疲労には目の疲れという症状も包含するけれど、それ以外の様々な体の不具合も含まれる、という図式になります。

 

ではその眼精疲労が抜け毛や薄毛にどのように関係してくるのか考えてみましょう。

 

眼精疲労が抜け毛や薄毛にどう関係する?

眼精疲労がどう関係してくるのかは、具体的な症状によります。

 

例えば肩こりは筋肉の硬直を引き起こす症状ですので、血の巡りを滞らせることになります。

肩こりが酷いと頭部に続く血流も悪くなるので、頭皮の血行不良の原因となります。

頭皮の血行が悪くなると柔軟性を失ってしまうので硬くなり、頭皮環境を悪化させます。

また毛根への血流が滞ると栄養不足から健康な髪が生えなくなってしまいます。

 

不眠が続き自律神経が乱れるとこれも全身の血の巡りを悪くしますし、ストレスもたまるのでストレス性の抜け毛も増える危険が出てきます。

また目の周辺の筋肉が酷使され凝りが生じ、生え際や前頭部、側頭部の頭皮が硬くなります。

AGAによるM字ハゲやU字ハゲの助長原因になるのはもちろん、AGAでは見られない側頭部が薄くなってきたら目の酷使や眼精疲労を疑う指標になります。

 

 まとめ

今回は眼精疲労と抜け毛・薄毛の関連性を見てきました。

眼精疲労は目の疲れだけでなく全身に不具合をもたらすものなので、具体的な症状からどのように抜け毛や薄毛に関係するのかを考える必要があります。

目を酷使する現代人は普段から大切な目を労わってあげたいものですね。