1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA・薄毛について
  3. ≫ブリーチは抜け毛の原因になる?

ブリーチは抜け毛の原因になる?

ブリーチのイメージ画像

女性のおしゃれとしてブリーチやカラーリングは身近な存在ですし、今は男性でも普通に行っていますね。

美容院やサロンなどで施術を受けることもできますし、ドラッグストアなどでは自分の家で手軽にできるようにセルフキットも販売されています。

 

こうしたカラーリング剤はおしゃれとしては良いのですが、抜け毛や薄毛の予防的にはどうなのか気になるところです。

今回はこのブリーチの薄毛に対する影響について見てみましょう。

ブリーチは特に刺激が強い

少し細かい話になりますが、ヘアカラー剤には種類があり、髪の毛を脱色して色を明るくするブリーチ剤、脱色したうえで染色もするヘアカラー剤、脱色せず髪の表面に色を付けるヘアマニキュア剤があります。

このうちブリーチ剤とヘアカラー剤は髪を脱色するために強い化学薬剤を使用するため、頭皮や髪に負担をかけ、また刺激の元にもなります。

こうした刺激は抜け毛や薄毛予防的には大変悪い作用をもたらすので、髪や頭皮のことを優先して考えるならば上記のようなカラーリング剤の類は使用するべきではありません。

特に最近は地球的な環境の変化など様々な要因が重なり、アレルギー反応が問題になるケースが大変多くなりました。

ヘアカラー剤によって頭皮だけでなく顔面が腫れたり、全身に炎症が広がるなどの重篤な副作用が出るケースが報告されています。

国民生活センターもこの点の注意喚起を行うくらいですから、その刺激性については強く警戒する必要があるでしょう。

少量で行うパッチテストには反応しなくても本施術によって反応が出てしまうことも考えられます。

セルフキットは便利な反面怖さもあるので注意が必要です。

どうしても髪を染めたい場合はどうする?

それでもどうしても髪を染めたいという場合は二つの点に配慮しなければなりません。

 

まずは施術の際に絶対に頭皮に薬液を付着させないこと、もうひとつはできるだけ刺激の少ない薬剤を使うことです。

 

そのためにはお店で買えるようなセルフキットで自分で行うのは避けなければなりません。

 

染毛は髪全体をバランスよく施術しなければならないので、髪の根元ギリギリまでやらないとツートンカラーになってしまうため素人ではどうしても髪の根元付近の作業で頭皮に薬液を付着させてしまいます。

 

ですからサロンや美容院などでプロに施術してもらうのが安全性が高いと言えます。

 

また専門店では刺激の少ない薬液も準備していますから、どうしても髪を染めたいという場合はプロに施術をお願いするのが無難です。