1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA・薄毛について
  3. ≫AGAとそれ以外の薄毛の違いについて

AGAとそれ以外の薄毛の違いについて

nayamu

AGAは男性の薄毛と認識している方が多いでしょうが、男性の薄毛がすべてAGAではありません。
男性に最も多い薄毛であることに違いはありませんが、男性ホルモン起因かそうでないかにより症状がわかれます。
男性ホルモンに由来するものは遺伝性もあり、これは生活習慣を改善するだけでは容易には治りません。
ある程度進行を遅らせることは可能でしょうが、発毛させるには育毛サロンや発毛専門クリニックで治療を受けるのがベストでしょう。
通常の薄毛と比べて進行スピードが著しく早く、あっという間に髪の毛が減少していきます。
とにかく抜け毛が多く、洗髪後に排水口をチェックするとよくわかります。
本数を数えなくても目視でわかるほど急激に増えるので、誰でも違和感に気づくでしょう。

AGA以外の薄毛・抜け毛について

これに対してAGA以外の薄毛には、生活習慣全般が関係していることが多いです。
薄毛とはそもそも皮膚疾患の一種であり、肌荒れのようなものなのです。
肌状態が不安定になることで薄毛になるわけですが、その原因にはストレス、油っぽいものばかり食べている食生活、ブリーチやカラーリングなどが関係しています。
特に影響しやすいのはストレスであり、ストレスで血流が悪くなって毛根に栄養をうまく届けられなくなり、それにより髪が細くなっていきます。

biman
女性に多いびまん性脱毛症も血行不良が大きく関係しています。
油っぽいものばかり食べる食生活は、特に男性によくみられる原因です。
皮脂の原因となる脂肪分の多い食事は、頭皮をギトギト状態にしてしまいます。
毎日洗髪をしているのにオイリー状態が改善しない方は、食生活から見直していく必要があるでしょう。
オイリー肌は脂漏性脱毛症の原因となり、自覚症状として縮れ毛などがあります。
髪質が細くなって縮れてきたら、脂漏性脱毛症の可能性があります。
ブリーチやカラーリングは頭皮や髪に刺激を与えるので、なるべく避けたほうが無難です。
若いころは問題がなくても、頭皮が弱くなってくる中年以降になって薄毛になる可能性があります。