1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA・薄毛について
  3. ≫AGA治療は職場や知人にバレないか?

AGA治療は職場や知人にバレないか?

男性にとって薄毛の悩みは非常にデリケートなものです。

強いコンプレックスを感じる原因になることは明白ですが、今は病院で治療して改善できる時代です。

適切な時期に適切な治療を受けることで悩みとおさらばできるのは嬉しいのですが、治療を受けること自体、他人には知られたくないものですよね。

今回はAGA治療を受けるにあたって職場や知人にバレることはないかどうか考えてみましょう。

一般的な投薬治療を受ける場合

AGA治療のベースとなる一般的な投薬治療を受けると仮定した場合、大体効果を実感できるまでには半年ほどの期間が必要とされています。

 

そこから他人の目から見ても毛量が増えたと感じられるまでにはさらに半年、計一年は見積もるのが基本です。

 

これを考えると、治療開始から半年から一年という長期のスパンで少しずつ髪が増えていくわけですから、毎日顔を合わせる職場の方はその変化に気づきにくいと言えます。

 

友人など頻繁に顔を合わせる人も同様ですが、逆に普段は頻繁に顔を合わせることがない人は以前の頭とは違っていきなり髪が増えたように見えます。

 

従ってその変化に気づきやすくなりますからバレる可能性は否定できません。

 

滅多に合わない知人と会う際は何か言い訳を用意しておいた方が安心かもしれませんね。

植毛治療を受ける場合

 

投薬治療ではなく植毛治療を受ける場合、他人にバレる危険性が少し上がります。

 

植毛治療は外科手術ですので、どうしても傷の問題は避けて通れないからです。

 

植毛治療ではドナーとなる毛根を採取する後頭部、及び移植箇所となる薄毛部位に埋め込みの為の傷ができます。

 

採取部の後頭部では術式によりどの程度の傷ができるかが変わってきますが、傷跡を隠せるように髪型を工夫したり、ウィッグを装着するなどして周囲から見ても分からないように配慮がなされます。

 

移植箇所となる部位も同様の配慮がなされますが、術後数日間のダウンタイムはどうしても傷が目立ちます。

 

翌日までは包帯が必須ですし、外出時はニット帽などで隠す必要があります。

 

包帯が外れても数日間は赤みが残るので、髪型で隠せない場合は周囲に露見する可能性があります。

 

その間、仕事を休むか職場で帽子を被ることができなければ同僚などに気付かれる危険はあるでしょう。

 

植毛治療の場合は移植範囲が広くなるほど、また移植数が多くなるほどに傷も増えますからばれるリスクも上昇することになります。

 

上記のリスクを回避できれば、1年弱かけて移植された毛根から少しずつ髪が生えてくるので、投薬治療と同様に普段合う人にはばれにくく、久しぶりに会うような人には感づかれる可能性が多少は上がるでしょう。

 

通院時にバレる可能性

 

治療そのものというよりは治療の為に通院する場面で知人にばれてしまうこともあるかもしれません。

 

薄毛治療を専門に手掛けるクリニックは大抵駅前など人通りの多い地域にあります。

 

多くは雑居ビルの一室を借りて開院しているので、一般の病院と違ってその建物に入っただけで病気の治療に通っていると思われることはありませんが、すでに薄毛が他人にも認められるような人がクリニックが入っているビルに立ち入るのを目撃すれば、ある程度の推察を受ける可能性はあるでしょう。

 

まとめ

 

今回はAGAの治療を受けるにあたって職場の同僚や知人にバレることがないのか考えてみました。

 

外科的処置が入る植毛治療では術直後からダウンタイムの間は上手く立ち回らないとばれる危険が高いですが、それを上手く避けることができれば投薬治療と同じで日常よく合う人にはばれにくいでしょう。

一年ぶりなど久しぶりに再会するような人には変化が大きく感じられ「何か変わった?」と感づかれる可能性が上がるので覚悟はしておいた方がいいかもしれませんね。