1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA・薄毛について
  3. ≫aga脱毛症が起こるまでの体内の働き

aga脱毛症が起こるまでの体内の働き

AGA体内の働き

人間の体毛数は生まれてからほとんど一生変わることはなく、毛には毛周期と呼ばれる成長のサイクルがあります。頭皮の毛髪部分には再生の元になっている幹細胞が存在しており、毛の細胞分裂を繰り返す毛母細胞と、この毛母細胞に対していろいろな成長因子のシグナルを送っている毛乳頭があります。

mounyutou3

毛髪の成長期は3~7年で、その後に退行期が2~3週間、休止期が3~4か月、替毛期が数週間~数か月のほどあり、これらのヘアサイクルによって成長が止まって抜け落ちた毛髪が、再び成長を始めるということを繰り返しています。

AGAは成長期の長さが短くなって、割合としても減少して、休止期の毛髪が多くなることで生じます。細くて短い毛髪の状態で成長期が終わってしまって次に毛髪が生えてくるまでの休止期が長くなることで、頭皮の髪の毛が少なくなります。

テストステロンからジヒドロテストステロンへ

思春期以降になると男性ホルモンが増えますが、この男性ホルモンがAGAが発症する原因となります。髪の毛根には還元酵素である5αリダクターゼがあり、血液によって運ばれてきた男性ホルモンであるテストステロンと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

AGA体内の働き 図解

テストステロンには髪の毛を太くする作用があり、AGAの原因になることはありませんが、5αリダクターゼと結合したことによってジヒドロテストステロン(DHT)に変換されると、ホルモンの活性力が強いために、毛を生成する毛母細胞の働きを弱めます。

毛母細胞の働きが弱められることによって、髪の毛が本来持っている成長期から退行期、休止期、替毛期の繰り返されているヘアサイクルが乱されます。

通常のヘアサイクルであれば髪の毛は抜けてもまた生えてきて、太い毛に成長して、この成長期は4~6年ほど継続されることになりますが、ジヒドロテストステロンの作用によってAGAが発症しているときには、成長期が数か月間に短縮されます。

このために毛髪が十分に成長する前に退行期に移行してしまうために、うぶ毛よりもしっかりとした髪の毛に成長できなくなり、短いままで薄毛になることが考えられます。