1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫AGA治療薬の種類と解説・フィナステリド・ミノキシジル・ザガーロ

AGA治療薬の種類と解説・フィナステリド・ミノキシジル・ザガーロ

AGA治療薬のイメージ

ここでは、AGA治療薬のプロペシア・ミノキシジル・ザガーロについて解説します。

古く昔から男性の悩みの種となっていた男性型脱毛症AGAが改善可能となったのはひとえに特効薬が開発されたからと言って良いでしょう。

ハゲ薄毛は改善不能とされていた時代に育った人は今の時代に生きる人を羨ましく思うでしょうね。

その特効薬も近年ではさらに研究開発が進み新薬も登場するようになりました。

この章では、薄毛治療を手掛ける専門クリニック等で処方を受けられるAGA治療薬の種類と効果を解説していきます。

AGAの発症・進行過程を簡単におさらい

治療薬の解説の前にまずAGAの機序について簡単に知っておく必要があります。

AGAは元々体内に存在するテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロン(DHT)という別の男性ホルモンに変化することから始まります。

DHTは毛根のヘアサイクルを狂わせて髪の成長期間を縮める脱毛信号を発します。

この影響で徐々に毛根が弱体化し、髪の毛が細くなり脱毛量が増えていきます。

弱った毛根の周囲では毛細血管も退縮するので、栄養補給がままならず毛根の弱体化がさらに進みます。

放置するとやがて毛根は死に、薄毛患部がどんどん広がっていくのがAGAの症状です。

ではこの症状に各治療薬がどのように関わり、薄毛を改善してくれるのか見てみましょう。

DHT阻害薬の基本となるフィナステリド製剤

脱毛信号を発するDHTの発生を阻止できれば毛根はヘアサイクルを乱されることがなくなり、強い健康な髪を取り戻すことができます。

これを可能にしたのがフィナステリド製剤です。

製品名としては「プロペシア」が有名ですが、フィナステリドは5αリダクターゼに作用してテストステロンがDHTに変換されてしまうのを抑制してくれます。

福岡市プロペシア最安値の病院※全16院の料金比較表

これによって脱毛信号の影響から脱した毛根は次第に活力を取戻し、本来の強く太い髪を生み出すことができるようになります。

AGAの治療が行われるようになった当初はこのフィナステリドがDHT阻害薬としては唯一の希望でしたが、患者さんの中には思ったような治療成果が出ない人が少なからずいたのです。

その理由はフィナステリドが作用する5αリダクターゼにありました。

この酵素にはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型のみに作用することができるものです。

当初はⅡ型の方が数が多いのでフィナステリドで十分に抑え込めると思われていたのですが、実際にはⅠ型が強く関与する事例も出始め、フィナステリドだけでは改善が難しい事例も増えてきました。

そこで登場したのが次の新薬「ザガーロ」です。

DHT阻害薬の万能選手ザガーロの効果

ザガーロはデュタステリドという成分が主体となる新薬で最近日本でも承認された治療薬です。

ザガーロは5αリダクターゼのⅡ型にもⅠ型にも作用することができるのでDHT阻害薬の万能選手として活躍します。

福岡市でのザガーロ処方、安い病院はどこ?料金の比較表

その効果はフィナステリド製剤の1.5倍ほどの改善作用が期待できるとされていて、効果の面ではフィナステリドよりも強い治療薬です。

ただデュタステリド製剤は耐性の問題が懸念されることもあり、処方の第一選択肢としてはまずフィナステリドを処方し、それでも改善効果が見られない、改善の度合いが悪い場合は次の手としてデュタステリド製剤であるザガーロを処方することが多いです。

プロペシアとザガーロはどちらもDHT阻害薬としての効能を持ちますが、これとは異なる面からAGAにアプローチするのが次のミノキシジルです。

毛根を強力に活性化するミノキシジル

ミノキシジルはDHT阻害薬とは全く異なる視点から薄毛にアプローチする治療薬です。

強力な血管拡張作用によって、退縮してしまった毛細血管にも強制的に血流を流し、死に向かってる毛根に喝を入れて復活させます。

また成長因子と呼ばれるたんぱく質の一種を増やして薄毛改善効果をさらに高めます。

ミノキシジルは髪の毛の元になる毛母細胞の細胞分裂を促進する成長因子を増やし、これによって太く強い髪を生み出していくことができるようになります。

また新しい毛細血管を作り出す成長因子も増やすことで、毛根に栄養を運ぶ補給路を増設して育毛・発毛する力を高めてくれます。

DHT阻害薬とは全く異なる作用機序ですので効果が重複することがなく、相性の良い相乗効果によってAGAの改善に役立ってくれる存在です。

外用剤と内服剤があり、通常は外用剤が用いられます。

効果も副作用も強い内服剤は医師が適当と認めれば処方を受けられます。

まとめ

今回はAGA治療に用いられる治療薬について解説してきました。

これらの治療薬は薄毛専門のクリニックであれば大抵処方を受けられますが、一般の皮膚科などでは基本的なプロペシアしか処方を受けられないこともあります。

健康保険が適用にならないのは一般の皮膚科でも専門クリニックでも同じことですので、AGAを効率よく改善したいならば専門クリニックで効果の強い治療薬を処方してもらうようにしましょう。