1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫AGA治療薬のプロペシアにはどんな効果があるの

AGA治療薬のプロペシアにはどんな効果があるの

プロペシア

aga脱毛症が起こるまでの体内の働き

の記事で説明している様に、agaが起こるまでには以下の5aリダクターゼという酵素が関わっています。

プロペシアに含まれている有効成分であるフィナステリドの作用によって、AGAの原因のDHTを生成するために必要な5αリダクターゼの働きを阻害する効果があることから、プロペシアを服用することで、毛髪の成長期を通常に戻せるようになり、毛髪が長くなることやコシを与えることができるようになります。

プロペシアはDHTの影響によって短くなってしまったヘアサイクルを、通常のヘアサイクルに戻すことで抜け毛を予防できる医薬品と言えます。

ヘアサイクルが長くなることによって、髪の毛が抜けにくくなりますし、生えてくる髪の毛が太くなるために、毛髪全体のボリュームを増やすことに繋がります。

副作用については、こちらの記事でも説明していますが、aga治療薬で副作用が起こる確率は何パーセント?

プロペシアを服用したときに発症する可能性のある副作用としては、肝機能障害や過敏症、生殖器への影響などがあります。

生殖器の影響としては、性欲減退や勃起不全、EDなどの症状が現れる可能性があることがわかっています。

副作用の可能性としては、勃起不全の確率が0.7%、性欲減退の副作用が1.1%となっており、肝機能障害については数値化できないほど低頻度なものになります。

これらの副作用は、専門の医療機関で血液検査を受けることでリスクを軽減することが出来ます。
そのため、プロペシア以外の医薬品についても言えることですが、AGA治療薬は専門医師のもとで服用することが望ましいと言えます。