1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫AGA治療で効果が出るまでの期間はどれくらい?

AGA治療で効果が出るまでの期間はどれくらい?

AGAの治療が大変なところは色々悩んでやっと病院を訪れて治療を開始しても、目標となる毛量の改善までには長い期間が必要になることです。

風邪や一般的な腹痛は数日で治ってしまいますが、AGAの治療はどちらかというと体質改善の要素に近いものがあり、どうしても時間がかかってしまうのです。

この章ではAGA治療で効果を実感できるまでの期間について解説していきます。

一般的な投薬治療の場合

AGA治療の基本となるフィナステリド製剤とミノキシジル製剤を用いる場合、およそ半年から一年くらいの治療期間を見積もっておく必要があります。

なぜこれほど長い期間が必要なのかというと、各毛根を支配するヘアサイクルが関係するからです。

フィナステリドはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生産を抑制し、これによってDHTの脱毛信号の影響から毛根は解放されます。

しかし弱った毛根はすぐに強い髪の毛を生み出すことはできません。

正常なヘアサイクルを取り戻した後、DHTの影響を受けない髪の毛が育つまでには時間がかかってしまうのです。

ミノキシジルは攻めの発毛・育毛作用があるのでその期間を縮めることができますが、それでも新しく太い髪の毛が目に見える状態になるまでは約半年ほどかかります。

毛量が増えたと実感できるまで成長するにはさらに半年ほど必要ですので、計一年は治療期間として必要になります。

メソセラピーなどを併用すれば必要期間を縮めることができるので、必要に応じて考慮しても良いでしょう。

十分に毛量を回復できたら、それ以後は医師と相談して維持治療に移行することもできます。

それまで使用していた治療薬の種類を減らしたり、減薬するなどして治療費を削減することも可能です。

ただしAGAの進行の強さは個人差があるので、維持治療に移行した後でまたAGAの進行が見られた場合は通常の治療に戻る必要があります。

投薬治療における初期脱毛について知っておこう

これからAGA治療を始めようかと考えている人は初期脱毛について知っておく必要があります。

初期脱毛とは治療開始から間もない時期に一時的に脱毛量が増える現象です。

治療をしたのに脱毛量が増えるのはいささか納得しづらいですが、この現象は治療薬の効果が出ていることを示すものですので心配いりません。

AGAで弱った患部に治療薬の効果が現れると、毛根の内部では治療薬を使っていない場合よりも速いスピードで新しい髪の毛が生み出されてきます。

新しい髪の毛の上にはまだ古い髪が生えていますが、この古い髪が押しのけられるので脱毛量が増えてしまうのです。

ただこの古い髪の毛はそもそもAGAの影響で弱っており、いわば「死に体」の髪です。

いずれは抜けてしまうものですし、下からは新しい健康な髪が生えてきているので古い毛の脱毛に落胆する必要はないのです。

この初期脱毛について知っておかないと、突如増えた抜け毛におどろいてしまうことになります。

抜け毛が一時的に増えても「薬の効果が出てきているんだ」と考えて、パニックにならないようにしましょうね。

まとめ

今回はAGA治療で効果が出るまでの期間について見てきました。

 

毛根を支配しているヘアサイクルの関係上、特効薬を用いても治療の効果が出てくるまでにはそれなりの期間がかかることは知っておかなければなりません。

 

薄毛専門クリニックにおける一般的な投薬治療の場合、最低でも半年、目に見えた毛量の回復を実感できるまでには一年くらいの期間が必要になります。

 

個人差あるので全ての人がこの期間におさまるとは限りませんが治療を考えるにあたっての期間の見積もりの指標となりますから参考になさってください。