1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫aga治療薬で副作用が起こる確率は何パーセント?

aga治療薬で副作用が起こる確率は何パーセント?

薬を手のひらに

AGA治療にはプロペシア(フィナステリド)、ミノキシジルという薬が主に利用されます。

つまり、AGA治療薬の副作用は主にこの2つの薬に注意をしなければなりません。

プロペシアの副作用について

プロペシア(成分:フィナステリド)については、重篤な副作用が生じるのは2%未満と言われています。

プロペシアの場合、勃起不全の確率が0.7%、性欲減退の副作用が1.1%と報告されています。

また、気をつけなければならないのは、肝臓や腎臓障害ですが、コレは数値に現れないほどの頻度なので、さほど心配する必要がないと言われています。

ただ薬を分解するのが肝臓になりますので、持病がある方は医師と相談して服用しなければなりません。

ミノキシジルの副作用について

また発毛剤として使われるミノキシジルは、もともと血圧降下剤として使われていた成分であり、高血圧の治療をしている人は、急激に血圧を下げてしまい、ふらつきなどを覚える可能性がありますので、併用する場合は気を付けなければなりません。

ミノキシジルは内服薬としてだけでなく、外用薬としても使われます。

外用薬では皮膚上では、かゆみ、発疹、かぶれ、フケを引き起こす可能性があります。

その他、胸の痛み、頭痛、めまい、動悸、むくみ、といった副作用が現れることがあります。

治療をはじめる前に、副作用が起こりやすい体質でないかどうかを相談しておくようにしましょう。

AGA治療薬の副作用についてまとめ

プロペシアには性欲減退やうつ病症状の発症など副作用が報告されていますが、
直接的に影響を与えた副作用とは特定されていませんので、専門の医師の監督下で処方されているのであれば気にするほどのものではありません。

また、ミノキシジルについては心疾患などの持病がある場合には、特に取り扱いに注意が必要です。

これらの副作用については、事前の血液検査、診察で健康に害を及ぼすことが無いかを入念に確認しておく必要があります。