1. 福岡のAGA比較サイト
  2. AGA治療の豆知識
  3. ≫50代以上でもAGA治療は可能?

50代以上でもAGA治療は可能?

薄毛の中でも治療改善が難しいとされてきたAGAですが、現在では医療機関で治療を受けることで改善することが可能になっています。

抜け毛や薄毛の悩みを自覚するのは早くて20代、働き盛りの30代や40代になると薄毛の悩みがかなり現実味を帯びてくるので治療現場での訴えも多くなります。

ではそれ以上、50代に入ると治療面では何か影響が出てくるのでしょうか。

50代でも治療は可能!

治療を希望する患者さん全体でみれば、50代という数字は時期的に遅めの数字にはなります。

しかし実際に50代で治療を始められた患者さんもしっかりと治療成果を上げています。

どのような薬剤を使用するかによっても改善効果は変わってきますが、低下傾向に向かうとはいえ50代はまだ男性ホルモンの分泌があります。

ホルモンに作用するフィナステリドなどの薬剤の効果もありますし、ここにミノキシジルなどの攻めの治療薬を組み合わせれば発毛効果を実感できるでしょう。

若いほど治療効果も良い

とはいっても、若い人ほど治療薬の効果を強く引き出せるので、改善効率も良いことからAGAの治療は年齢的にもできるだけ早い段階で開始することが望まれます。

生きている毛根の数が多く、毛根のダメージの蓄積が少ない方が回復率も高くなります。

また人の細胞の老化ということを考えると、年を取るにつてれ毛根の細胞も老化し生命力を落としていくので、こうした老化現象から来る薄毛を止めることはできません。

自毛植毛治療では自分の毛根を後頭部から採取して薄毛箇所に移植しますが、後頭部の毛根はAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けずに永続的な効果を得ることができるとされています。

それでも老化現象から来る毛根の弱体化は避けられないので、移植後の毛根も自然的にその力を弱めていきます。

ですから以前よりも少しずつ髪が細くなる、ハリやコシがなくなっていくこともあります。

若い人ではこうしたことはないので、やはり年齢が進むほどに治療効果も下がってしまうことは避けられないでしょう。

まとめ

今回はAGA治療と年齢の関係について見てきました。

50代という年齢はAGAの治療を受けるにあたって手遅れということはありません。

若いほど治療効果が良く出ることは確実ですが、50代でも適切な治療で毛量の回復を実感することは可能ですので、現在薄毛に悩んでいる方はあきらめずに相談することをお勧めします。